浮気 心理

MENU

浮気をする人の心理とは?

浮気する人には本人も気付かない心理が隠されているものです。

 

頭では浮気をしたくないと思っていても、なぜか浮気をしてしまう人がいます。

 

それは心の奥底に秘めた、自分の考え方に由来しています。

 

男性と女性ではその心理的な傾向も異なるので、すこしだけ心の中を覗いてみましょう。

 

 

浮気をする男性の心理

 

男性が浮気をするのは性欲や支配欲といった欲に動かされて浮気をします。

 

男性の浮気は心理的というよりも、自分の欲求を満たすためにしてしまう傾向にあるんです。

 

お酒を飲んだりすると浮気しやすくなったり、見境なくアピールしたりするのは、飲酒によって理性のタガが外れてしまうためです。

 

また、男性の場合回りに自分の権力を見せたいといった欲求、支配欲があります。

 

お金を沢山稼いだり、綺麗な女性に囲まれたい欲求というのは周りから尊敬されたい、回りを屈服したいという欲望の表れです。

 

男性は自分の欲を満たしたり、まわりに権力を誇示するために浮気をする人が多いです。

 

浮気をする女性の心理

 

女性が浮気をする場合は男性とは少し理由が異なります。

 

女性の場合は性欲や支配欲といった欲が少ないので、そのような理由で浮気をする人は少ないです。

 

女性が浮気をするときの心理状態は”大事にされたい”といった心理状態が大きな理由です。

 

女性が憧れるのが”お姫さま”です。女性なら誰でも、いくつになっても”お姫さま”のように扱われてみたいという心理があります。

 

 

結婚してしまうと女性として扱われることが少なくなってきます。

 

家事、洗濯、子育てなどに一生懸命でいつかなりたいと憧れていた”お姫さま”とは遠い存在です。

 

そんなとき孤独で平凡な自分を舞台に上げてくれるような、素敵な男性にときめきを覚えます。

 

浮気をしやすい女性の心理としては、孤独感が強い、大事にされていない、寂しい思いをしている。

 

このようなことを感じている女性は、出会いさえあればすぐにでも浮気に走っていってしまうでしょう。

 

心理から見る浮気対策

 

男性に対しても、女性に対しても浮気対策としては常に相手のことを考え尊敬しあえる状態でいることでしょう。

 

男性は女性に対して常にやさしく、気にかけてあげること。女性は男性に対して尊敬をもって接してあげるといいでしょう。

 

それでも、出会いというのは運命的に起こってしまいます。その時はその時として覚悟しなければいけません。

 

家庭を持っている場合、浮気は家庭崩壊を招きます。そのことをよく覚えておきましょう。

 

そのことを踏まえて、お互いを信じて生活していくようにしましょう。

 

そして浮気や不倫が発覚したら、よく話し合いを重ねて協議していくことが大切です。

こちらの記事もおすすめです