不貞行為 証拠 相手の家

MENU

浮気相手の家からでてきた写真が、不貞行為の証拠となる条件とは?

このページでは浮気相手の家からでてきたときの写真や動画について、不貞行為の証拠になるのか?という疑問についてまとめてあります。

 

手をつなぐ男女

 

浮気相手の家から出てきた写真があるけど証拠になる?

 

浮気相手の家から出てきた写真が証拠として認められる条件は?

 

こういったことが分かる内容になっていますので、気になっている方の参考になればなによりです。

 

浮気相手の家からでてきた写真は不貞行為の証拠になる?

 

離婚を有利に進めるにしても、浮気相手に慰謝料請求して復讐するにしても、不貞行為の証拠がなければいけません。

 

密会する男女

 

不貞行為の証拠として有力なのはパートナーと浮気相手が一緒に移っている写真です。

 

しかしただ二人で歩いている写真では不貞行為の証拠として認められることはありません。

 

不貞行為というのは、簡単にいえば肉体関係のこと。

 

行為をしているときの写真や動画がパートナーのスマホなどに残っていれば言い逃れはできないほど強力な証拠となります。

 

ラブホテルに浮気相手と二人で出入りする写真というのも証拠能力が高いです。

 

ラブホテルに入るのは肉体関係を持つのが前提だからです。

 

では浮気相手の家の場合はどうでしょうか?

 

両行に行く男女

 

浮気相手の家に一度や二度いったぐらいでは、不貞行為があったと考えるには無理があるとされています。

 

一般的に考えれば結婚している者が、違う異性の家に行けば肉体関係があったと考えますが、”確実に”肉体関係があったとは言いがたいでしょう。というのが法律的な考え方なんです。

 

じゃあ浮気相手の家からでてきた写真は全く意味がないのかというと、そんなこともありません。

 

1度や2度では信頼度の低い証拠ですが、3度、4度と浮気相手の家に出入りしているのであれば不貞行為があったと認められます。

 

またたった一度の写真でも、他の証拠を組み合わせることで不貞行為を証明できる可能性もあります。

 

たとえば浮気相手の家に出入りしていた写真や動画のほかに、

 

  • パートナーと浮気相手が二人で旅行にいっている写真
  • メールやSNSでのやりとり
  • 手帳やメモ帳に書いてある二人で会っている日付
  • 車に残っている浮気相手の忘れ物

 

こういった小さい証拠を積み重ねることで、不貞行為の証拠にすることも可能です。

 

不貞行為の証拠をあつめるのはプロの仕事

 

浮気相手の家からでてくる写真でも、不貞行為の証拠として認められることはるので集めておいて損はありません。

 

ただこういった浮気の証拠の数々は自分であつめるのは困難です。

 

何日も備考しなければいけませんし、万が一パートナーに尾行していることがばれたら慰謝料どころの話ではありません。

 

まずは浮気調査の専門家に相談して、パートナーや浮気相手を追い詰めていくのがベストな方法です。