不貞行為による慰謝料の相場と、慰謝料額を左右する要素とは?

MENU

不貞行為による慰謝料の相場と金額を左右する要素とは?

パートナーに不貞行為があれば慰謝料を請求するのは当然の権利です。

 

契約書の写真

 

慰謝料額にはある程度相場が決まっています。

 

このページでは相場の金額と、金額を左右する要素についてまとめてあります。

 

不貞行為の慰謝料はいくらぐらいが相場なの?

 

慰謝料の金額はどんな要素によって左右されるの?

 

パートナーに浮気をされ、傷ついた心はお金で治るものではありませんが、せめてもの救いとして請求できるものはしっかり請求しておきましょう。

 

不貞行為の慰謝料の相場

 

不貞行為の慰謝料の相場は100万円〜500万円程度となっています。

 

指を上にさして説明する女性

 

ずいぶん幅がありますが不貞行為といっても、当時者の状況はさまざまです。

 

不貞行為によって離婚することになったのか?

 

パートナーの財産状況はどうか?

 

浮気による心の傷はどうか?

 

結婚期間がどのぐらいだったのか?

 

こういった細かいことは、ケースによって全く違ってくるのではっきりした金額をだすのはむずかしいものがあります。

 

ただし100万〜500万円の範囲で収まるのが普通で、不貞行為によって離婚することになった場合は200万〜300万円というのが相場になっています。

 

芸能人の慰謝料は高額?

 

たまにテレビのワイドショーや週刊誌などで、不倫離婚した芸能人の慰謝料が何千万、何億円と報じていることがありますよね。

 

ああいったケースでは財産分与などの金額もひっくるめて”慰謝料”としているので高額になっているんです。

 

不貞行為に対する慰謝料に該当するのは何億円のなかの数百万円にすぎませんから、一般人であろうが芸能人であろうが不貞行為自体の慰謝料額にそこまでの違いはありません。

 

慰謝料の金額はどんな要素に左右される?

 

慰謝料の金額はいくつかの要素によって左右されます。

 

豚の貯金箱と計算機の写真

 

慰謝料を左右する具体的な要素は次のとおりです。

 

  • 不貞行為のあった回数、期間
  • 結婚していた期間
  • 不貞行為をしていた者の経済状況・支払い能力
  • 不貞行為をしていた者の社会的地位
  • 不貞行為の悪質度
  • 精神的苦痛の度合い
  • 子供の有無
  • 当事者の年齢や性別

 

こういったことを考慮し、総合的に慰謝料の金額が判断されます。

 

要素のもとに当事者間で交渉しながら、金額を決定していくことになりますが、当時者本人ではどうしても感情的になってしまい交渉が難航してしまいます。

 

交渉がうまくいかないことが予見されるのであれば、弁護士や専門家に任せるのがベストな方法といえるでしょう。

 

受け取った慰謝料に税金はかかる?

 

不貞行為の慰謝料は金銭で授受されるのが普通ですが、収入になるので税金がかかってしまいそうな気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

 

結論からいうと受け取った慰謝料に”原則”税金はかかりません。

 

例外として社会通念上金額が大きすぎると課税されることもあるので”原則”としていますが、不貞行為による慰謝料の相場100万〜500蔓延の範囲内であれば課税される心配はありません。