絶対不倫してる!でも証拠がない…離婚や慰謝料の請求は可能?

MENU

パートナーの不倫を原因として離婚や慰謝料請求するための条件

今回は不倫を原因とした離婚や慰謝料請求について、証拠がなくても可能なのかどうか?ということを書いていきたいと思います。

 

  • 絶対不倫しているけどどうすればいい?
  • 証拠がなくても離婚はできる?
  • 証拠がなくても慰謝料の請求はできる?

 

といった疑問や悩みがあるかたの参考になればうれしいです。

 

不倫の証拠がなくても離婚は可能?

 

不倫の証拠が無くても離婚することは可能です。

 

離婚届けの写真

 

パートナーが納得すればお互い合意の上での離婚となりますので、特別証拠はいりません。

 

ただしパートナーが不倫を認めないで、離婚に反対している状態では離婚は難しくなってしまいます。

 

離婚裁判では離婚する原因が必要になってくるからです。

 

不倫の証拠(不貞行為)の有無は離婚の理由になりますが証拠がないと認めてもらえません。

 

他の離婚原因(虐待、生活費を渡さない、家庭生活を放置、生死不明など)があればできますが、そうでないと別れることが法律的にできないんです。

 

離婚が認められなければ、慰謝料も当然認められることはありませんから証拠の有無は非常に大切です。

 

不倫の証拠がなくても慰謝料の請求は可能?

 

不倫にたいする慰謝料請求は、離婚とは関係なく行うことができます。

 

請求相手は自分のパートナーだけでなく、浮気相手にすることも可能です。

 

裁判所とお金

 

ただ問題はやはり証拠。

 

とくに慰謝料については、証拠の有無がカギを握っているといって間違いありません。

 

パートナーや浮気相手が離婚を認めればいいですが、本人たちがわざわざ自分の非を認めて不利な立場になることをするとは思えません。

 

だれもが不倫をしていると思えるような証拠を集めないと、慰謝料が認められません。

 

証拠がないなら集めておいて損はない

 

ほぼ確実に不倫をしているという確証があるのであれば、専門家に相談して証拠を見つけるのがいちばんです。

 

カウンセリングをしている部屋

 

費用はかかりますが、不倫しているのが間違いなければ慰謝料からの相殺で十分可能です。

 

これから離婚を進めていくにしても、慰謝料を請求するにしても、不倫の証拠があって損することはありません。

 

離婚後の再スタートを上手にはじめるためにも、証拠がない状態であれこれと悩まないで、しっかりとした証拠を集めて”こと”を進めていきましょう。