不倫 浮気 違い

MENU

不倫と浮気は同じようなもの?

自分のパートナー意外と関係を持つことを浮気や不倫と言いますよね。

 

この二つには明確な定義が存在していません。

 

一般的に浮気というと、婚姻関係にない状態つまり結婚していない関係でも使います。

 

彼が浮気、彼女が浮気といった具合に使います。

 

もちろん結婚している関係でも使います。

 

妻が浮気している。旦那が浮気をしているといった感じです。

 

 

不倫とは

 

不倫の場合は結婚している間柄で使われることがほとんどです。

 

不倫関係にあるどちらか一方が結婚しているときにも使います。

 

ただ辞書で不倫を調べると、倫理的に許されない行為のことで、とくに男女関係で人の道に背くこと。とあります。

 

本来の意味では結婚しているかどうかは関係ないようです。

 

 

しかし、現実には結婚している人が絡んでいる浮気のことを不倫と言っています。

 

浮気と不倫の違いの一つは一方もしくは両方が結婚しているかどうかの違いがあることがこれで分かりました。

 

浮気と不倫の違い

 

他にも違いはあります。

 

あなたはなにをしたら浮気だと思いますか?

 

手をつないだら浮気になりますか?それともキスをしたらだめ?

 

 

浮気はこのように幅が大きいですよね。

 

さて、不倫の場合はどうでしょうか?

 

手をつないだら不倫?キスをしたら?肉体関係を持ったら?

 

不倫の場合は肉体関係を持ったらと答える人が多いのではないでしょうか。

 

不倫の方がより背徳的なイメージがあります。

 

浮気は軽い気持ちのブレも含みますが、不倫の場合は肉体関係を持った場合に使われます。

 

このような違いが浮気と不倫の違いがあります。

 

ちなみに、法律用語には浮気も不倫もありません。

 

離婚裁判などで使われるのは不貞行為という言葉です。

 

不貞行為

 

浮気や不倫と違い、不貞行為というのは明確な定義があります。

 

不貞行為とは性交渉があった場合にみに使われる言葉です。

 

夫婦間には貞操義務があるので、不貞行為があった場合は離婚の事由に該当します。

 

ただし、性交渉が認められない場合は不貞行為とはならず、離婚事由にはならないので注意が必要です。

 

不倫も浮気も不貞行為もあまり接したくない言葉かもしれませんね。

 

でも頭の片隅に置いておけば、いつか思わぬ形で役に立つことがあるかもしれません。

 

今悩んでいる人へ

 

そして、今まさに浮気や不倫、不貞行為になやんでいる方であれば専門家に相談することをおすすめします。

 

離婚を前提にするなら探偵に調査を依頼して不貞の事実を取っておくことも重要です。

 

弁護士に相談してもいいでしょう。

 

浮気症の人間に振り回されて、辛い人生を送る必要なんてありません。

 

あなたにはあなたの人生がまっているはずですよ。