浮気 どこから

MENU

浮気の定義

人によって浮気の定義は異なりますよね。

 

二人で食事に行ったら浮気と考える人もいるでしょうし、食事ぐらいなら浮気じゃないと考える人もいます。

 

手をつないだり、キスをするような関係までいってしまうと多くの人は浮気と考えるのではないでしょうか。

 

このように、浮気の定義は人によってバラバラです。

 

しかし法律の世界では、浮気の定義がしっかり決まっています。

 

浮気という言葉は法律用語でないため使用されませんが、そのかわり不貞行為という法律用語があります。

 

法律用語なので定義もしっかりしています。

 

 

不貞行為

 

不貞行為とは男女間の性交渉があった場合に使われます。

 

逆に食事や手をつないで歩いている程度であれば、”法律上”は不貞行為になりません。

 

ちなみに男女間の性交渉となっているので、同性間の性交渉の場合でも摘要されません。

 

つまり、法律上の浮気とは結婚している人が別の異性と肉体関係があった場合のことを言います。

 

心情としては手をつないだらアウトと考える人がおおいのではないでしょうか?

 

でも、法律上では手をつないだぐらいでは浮気として認めてくれないんですね。

 

もし浮気をされて離婚を考えるような状況なら、しっかり不貞行為の証拠をとっておきましょう。

 

 

不貞行為と慰謝料

 

不貞行為の証拠は調査会社に頼むのが一般的です。

 

離婚を担当する弁護士なども、浮気が原因の場合、調査会社を利用して不貞行為の有無を調査します。

 

不貞行為の有無によって離婚をスムーズに進めることができますし、慰謝料の額も大きく変わってきます。

 

法律上はこのように浮気が定義されていますが、だからと言って性交渉が無ければ浮気をしていないという言い訳は通用しません。

 

普通は知らない異性と二人で食事に行ったことが分かれば喧嘩になります。

 

 

法律と感情

 

法律はあくまで一つの線引きとして存在しているだけです。

 

法律が認めているからといって、肉体関係さえなければ浮気をしていいんだということではありません。

 

夫婦のどちらかが手をつないだら浮気と考えるのであれば、それはもう浮気です。

 

夫婦間のことは、夫婦間のルールが摘要されるべきなんです。

 

ただし、離婚や慰謝料などの法律問題になったときは不貞行為を基準に判断されることになります。

 

私たちの感情と、法律には乖離があるのが事実ですが、それを受け止めたうえで正しく判断していきましょう。

 

 

悩んでいるなら相談しよう

 

もし離婚を考えるぐらい浮気について悩んでいるのであれば、調査会社や探偵に相談してみましょう。

 

浮気が原因の離婚で悩んでいるのは決してあなた一人ではありません。

 

今までに多くの人が経験して生きています。

 

一人で悩むよりも、専門的な人の相談をうけて今後のことを明確にしていきましょう。