浮気相手 妊娠

MENU

浮気相手が妊娠していた

旦那さんが浮気をしてもめることは、それほど珍しいことではありません。

 

そんなこととは無関係の夫婦も沢山いますが、浮気での喧嘩が後を絶えることはありません。

 

 

なぜ男性が浮気してしまうのか?といことは今回は置いておきます。

 

実際に浮気が無くなる傾向はありません。

 

普通の浮気ならよくあることですが、中には浮気相手が妊娠しているケースもあります。

 

こうなってくると人間の命の問題になってくるので、難しい問題です。

 

感情的な負担

 

奥さんの立場からしても訳が分からない状態になってしまいます。

 

もし相手が生むことになったとします。

 

浮気をした夫と奥さんの間に子供がいるのであれば、その子たちからみれば兄弟が存在することになります。

 

決してまじわることないかもしれまえんが、半分血の分けた子が世界のどこかに存在します。

 

そういった事実を浮気された奥さんは隠すのであれ、子供に話すのであれ複雑な気分になるでしょう。

 

 

だからといって、浮気相手に子供を諦めるように言える訳がありません。

 

同じ女性だからこそ小さくて尊い命の大切さを知っているからです。

 

夫の身勝手な行動で、たくさんの人間の運命が変わっていってしまうんです。

 

それでも、夫との結婚生活を辞める気持ちになれない人もいるでしょう。

 

離婚を選択して新しい道を歩いていく女性もいるでしょう。

 

ただの浮気と違い、相手が浮気をしている場合は本当に難しい問題が残ります。

 

根深い問題

 

奥さんは離婚するかどうかの話は別として、慰謝料を請求することができます。

 

夫に請求するのはもちろん、浮気相手にも請求することができます。

 

ただし夫の側が浮気相手に未婚だと嘘をついていた場合には請求できません。

 

相手の子供を認知するかどうかの話もでてきます。

 

また、夫が新しい女性との生活を選択する可能性もあります。

 

 

こういった場合は離婚をすることになってきますが、そうなると慰謝料、子供がいれば養育費の問題を調整することになります。

 

もちろん離婚を拒むこともできます。

 

そのときは協議が不調となるので、離婚調停へと進んでいきます。

 

離婚調停でも不調に終われば、裁判になります。

 

離婚調停や裁判では弁護士などのお世話なるのがベストでしょう。

 

浮気のその後

 

離婚をせず夫との関係を続けることもできますが、あまり長続きしないケースがほとんどです。

 

一度浮気をされてしまうと、相手のことを信じることができなくなってしまうからです。

 

結婚生活は信頼が一番必要な要素です。

 

お互いがある程度信頼できていないと、疑うことばかりになってしまいます。

 

最初は反省の意味もあり疑われるのもしょうがないと考える旦那さんですが、やがて負担になってくるでしょう。

 

 

そうなると二人の間が決定的に悪くなります。

 

ここまでくるとやはり離婚を選択する方が多いです。

 

相手の子供を認知していれば、家計的な不安も大きくなるでしょう。

 

夫の浮気相手が妊娠していた場合は感情的にも解決が本当に難しいです。

 

ただし、新しく生まれて来ようとする命だけは大切にしてほしいものです。